FC2ブログ

月末

昨日はNY時間にてドル円は下値を試す展開へ
110.50の買いオーダーに抑えられてまたしても下値トライ失敗

ユーロはECBが6/8の理事会で、景気下振れリスクの文言を削除する可能性とメディアが報じた為
買いが入りユーロドルは1.12を突破するも続かずその後反落

本日は月末の為、朝から不安定な動きが続いています
ドル円は変な買い玉が入り方向が読みづらい展開です

長期的に見た時に6月利上げの確立は昨夜の指標コアPCEデフレーターも悪くなく
あると思ってよさそうですが、6月で今年は打ち止めではと懸念されており
ここからドルが上がるには6月以降の利上げについての可能性が出ないと厳しいでしょう

現状ではFOMC以降はドル売りが加速し105円、下手したら100割れトライも見えて来るのではと予想してます
トレードとしては6月利上げまでにもう一段階上がってから売りたい所です



トレードですが
昨夜はユーロドル短期でのロング回転
本日はドル円戻りを待っていましたが、中途半端な戻りとなり
これではショート取れません

ユーロドルを昨日の記事に書いた通り想定してた通りのチャートになったので
ロングを取りこちらは保有中です



方針変わらず
保有ポジションユーロドルロング
スポンサーサイト

ユーロドル

英メイ首相の発言「英国にとって不利益となるならば、合意なくEU離脱をする用意がある」
これによりブレグジット懸念でポンドは急落
ユーロもギリシャデフォルト懸念が浮上したことにより急落

欧州通貨につられて日経平均も上がらず再び円買いが再開
ドル円は110円台へ


ユーロは買いのスピードが速すぎたので一旦調整段階と見ていいでしょう
下がった所は拾っていけば再びあがると見てます


気になるドル円ですが
110円台がなかなか定着できない様子
個人的には111ミドルも売りオーダーが出てくれば水準を下げて売れるんですが
現状では112円から並んでますので狙うなら111後半
あとは短期メインでのトレードになります

トレードは
朝ドル円ロングを入れましたがすぐ損切りになりました
以降はポンド円を流れに乗って短期トレードでのショート
ユーロドルを押し目買いをして一旦利食ってます

画像はユーロドル1時間足

0530.png

長期足は綺麗な押し目となって上げてますが現在は1時間足での戻り待ちをしてます
このまま上げたとして緑のMAあたりでは跳ね返されそうかな
RCIが戻り売りを示唆してるので改善待ちです

そのころにはMAもクロスしそうですので買いやすい形になると見てます
4時間足もMACDプレディクター上抜けしそうで上方向で問題ないでしょう
懸念点としてこのまま上げ続けてしまうことですが・・そうなったらあきらめます笑


今週は雇用統計がある週でNY時間では重要指標が続くので
指標トレードも狙いながらドル売りユーロ買いの戻り、押し目を待ちます


方針変わらず
ポンドは中長期的な方向がイメージ沸きませんので短期トレードのみ

休場

本日は中国、英、米市場が休場です

為替相場は小動きとなっており、明日からが本番です

東京市場では株高により円売りが出ましたが、すぐ戻されています
以前としてレンジ相場が継続でしょうか

今日はドラギ総裁の発言もあり、ここもこれまでと同じでハト派で
市場も慣れているからかそれほど影響はありません

ユーロドルに限っては1.1130~1.1160断続的な買いオーダーが出ているので
下がれば買いが次々と入ってくる状況です

ドル円の方は111.00に買いオーダーと112.00に売りオーダー
先週末は111ミドルでショート取りましたが今後はミドルを取るつもりはなし
どちらに動くか分からない状況です、しっかりと引っ張って出来ればドル売りを取りたい所です

明日に限っては今日の終値次第では朝買っても面白いとは思います


トレードは持っていたドル円ショートは下げきらず結局111.20台での利食い
ユーロドルはテクニカルトレードでロングを取ってこちらも20pipsほどで終わり
小動きなので仕方ないです20pips取るのが限界です

現在ユーロドルは1.1160とまた買いやすい所まで来てますが
短期足のテクニカル形状が良くないので、買ってません

方針も変わらず
保有ポジションもなし

来週は雇用統計

G7は特にこれといった内容もなく終わりました

ここ最近は週末になると北朝鮮のミサイルが話題になります
何処まで影響が出るのか相場を見てみないと分かりません


あとは自分はやってませんがビットコインが恐ろしい動きをしてます
波に乗ろうとした初心者を全部狩りにいってます
為替とはボラも桁違いなので怖いですねーほんと
中途半端にやるのは危険でやるなら真剣に勉強してからじゃないと儲からないと思います

さて為替ですが
来週は雇用統計です
最近はあまり動かないのでつまらない動きになるだろうと予想してます
やってもスキャルかな

今後の注目はもうFOMCです
6月利上げ果たしてどうなるのか、データ的には利上げの方向が出ていますが
市場の動きが、本当に利上げするの?ってクエスチョンマークがついてる感じがします
僕が感じてるだけなので、あてにしないでくださいw


トランプ政権の信用問題もあるので、引き続きドル売りユーロ買い目線でいきます
なお、週末は前回の記事通りドル円111.40でショートを取り週越えしています
ユーロドルも1.1160台と面白そうな値まで来てましたが週末なのでポジションは取らず

東京市場でわけ分からん買いが出そうなので、それまでに切ろうかなと考えてます
週越えは先週も書いた通り、上窓明けの可能性が非常に低く、下窓明けの可能性は十分あります
なので下窓明け期待


方針も変わらず
保有ポジションドル円ショート

他通貨もちょっと見てたりしますがポンドが注目でしょうか
まだ売買方針も建ててませんが、面白そうです

3連休前

本日は3連休前となっており市場は全体的に調整モード

朝から株安と共に円買いの巻き戻し
ジリジリ下げ続けてます

ポンド円なんかは2円以上の下げで何もない日にこんなに下げられてしまっては
たまったもんじゃありません

ドル円も111円割れと昨日は上げ続け今日は下げ続けてる相場でかなり無理ゲー感が漂ってます

ユーロも調整されており、厳しい下げが続いてます
週末はG7がありますが材料になるかも微妙な所です

先ほど発表された米GDPが強い結果となり戻し始めてます
今日は下げ続けてるのでNY時間はどうでしょうか
休み前なので積極的なドル買いは出ないと見てます


ドル円戻り売りは111.40あたりの狙いですが
休み前なので、戻っても取らないかもしれません


トレードは昨日は111.90台が高値だったということで戻り売り取れたのは111.80台
111.60台が硬かったのでそこで利食いました
デイトレ主体で考えてるので今日下がってしまったのはもう仕方ありません
今日は戻りも全くなかったのでこの下げは取れませんでした

全体的に相場は迷っており、大玉が入ってきたりするとその方向へ皆流れ込んでいきますね
様子見してるトレーダーが多そうです

目先は米6月の利上げがテーマで間違いないとは思います
なので下げすぎた所は売るとやられそうで丁寧な戻り売りがベスト
今しばらく我慢の時期でしょうか

方針は変わらず

今週もお疲れ様でした、よい週末をお過ごしください

方向感なし

昨夜はFOMC議事録がハト派な内容となりドルは売られていきました

6月利上げもどうなんでしょうか
なんともいえません指標次第になりそうです

重要指標はそのまま利上げに繋がるので今後要注意でしょうか

ドル円は112円台に乗せるも今度は売りが入ってきて定着できません
材料が出るまで111円台でのレンジぽいです

ただ材料が何が出れば反応するのかいまいち分かりません

ユーロはもみ合いとなっており
テクニカル的にもちょっと難しい局面で手が出ません
もう少し下押ししてくれないとしんどいです


こうゆう時はドル円オーダー情報

113.00円 売り・超えるとストップロス買い
112.80円 売り
112.50円 売り
112.30円 売り

111.50円 OP25日NYカット
111.00円 買い
110.20円 買い
110.00円 買い、OP25日NYカット大きめ

112円台売りが出てきてます
昨日の高値112.10あたりから売りたいです


今日は株高と111ミドルの買いオーダーに支えられずっとあげているので
NY時間下げる可能性と高いと見てます

できれば112円台乗せてから下がって欲しい所です


トレードですが
昨日持っていたドル円は112円台での利確
本日は朝から短期でのドル円ロングのみ

方針ドル円戻り売りのユーロドル押し目買い

ユーロドルは1.1150あたりの押し目を待ってます

予算教書

昨夜のNY時間は低迷な経済指標が続く物の
ドル円は110円台になると謎の買いが出ており、すぐに跳ね返されてます

そんな中で予算教書が発表され一気にドル買いへ反応しました

中身は新鮮な物もなく発表後は実現するかどうかも怪しいなどのニュースが出回るなど
以前として不安定な相場です

相場としては下攻めしても攻めきれないので仕方なく反発した感じです
110円台は誰が買ってたんでしょうね


ユーロは引き続き安い発言もあり底堅いのは変わりません
ただユーロからドルに主役が変更してきてるのかなとは感じてます

このあとはドラギ総裁の発言とFOMC議事録
ハト派なドラギ総裁が今のユーロをどのように考えてるか注目です

FOMC議事録は来月の利上げのヒント探しです


トレードですが
昨夜ドル円ショートを持ってましたが損切りしてドテンして取り返し
111.30→111.50損切り
111.50→111.90利確
こんな結果

今日は押し目で少し買って
保有してます

が夜中112ミドルぐらいつけるならそこからドテンしてショートする予定です
なぜか今はあがってますがファンダ的にあがるとは思えません


保有ポジションドル円小額ロング

方針ユーロドル押し目買い、保有ポジションとは違いますがドル円は戻り売り

荒れ狂う相場

相場が荒れに荒れてます

英マンチェスターの爆発がテロの仕業ではないかとポンドが下落しました
ただこういったテロの相場は戻るのが基本なので、下がったものの戻し始めてます

米関連のニュースもたびたび流れてます
どれも悪いニュースばかりで何度もドル売りされてますが一向にレジスタンスが抜けません
抜けないから売ってた人達も買い戻すしかなく、結果としてボラが高く方向感がない相場へ

ユーロも同じ状況で底堅い物のボラが高く手が出にくい相場へ

ドル円のチャートはひどいですね・・・・
ここまで悪いニュースばかりなら下抜けてもおかしくないんですが・・・・・

110円台の買いオーダーも縮小してるらしく尚更抜ける可能性が高いと見てます
NY勢の力で抜けきるんでしょうか


ドル円戻り売りを少し試してみますかね


トレードですが
短期トレード中心でドル円ショート、ユーロドル、ユーロ円ロングを回してます
よく分からない相場ですので、その場その場の流れに乗って回転させます


方針はドル円戻り売りを何処かで取りたいと思います
引き続きユーロ円とユーロドルは押し目買い狙い

ユーロ

本日は朝シドニー市場でミサイル問題から円が買われてましたが
東京市場ではあっさり反発

先週に引き続きよく分からない動きが続いています

そんな中メルケル首相がユーロは安すぎる発言がありユーロが急騰
現在も上がり続けています

ユーロドルは1.1240台と早くも1.13が見えてきてます


さて今週は要人発言が多くあります
おそらくは今週で6月利上げがあるかどうか決まると見てます
前回の時のようにタカ派発言が相次ぎ一気に織り込みに来るのかどうなのか


謎の動きが続くドル円、トレンドがはっきりしてるユーロ

難しいようで簡単な相場


さて上記の考えを元にトレードです

朝方東京市場で株式市場とにらめっこしてドル円ロング
さくさく10pipsほどで終わり
週末の時点では戻り売り狙いでしたが、ショートは取ってません
直近の動きから厳しいと判断しました

ユーロ円をテクニカルを基準に124ミドルでロング
一旦124前半まで下がりましたが、一気に反発し125前半で利確


再度124.80あたりでの押し目買いを検討中


方針はユーロ円押し目買い
ドル円は方向感が出てからトレードを検討します

トレンドがはっきりしてるユーロ、そして株式市場、円の底堅さからユーロ円狙い
ドル円は6月利上げ織り込みにくればロングを検討
現状の相場では110円を割り込むのは難しく、6月利上げ後に下がる感じでしょうか

先週とは違い今週はデイトレをベースに考えてます


ドル円しかやらないって人には厳しい相場です
ユーロは底堅いのでこちらをおすすめします
通貨ペアは正直何でも自分が取りやすいチャートでいけばいいかと思います

24日

大分体調が良くなりました
来週には元に戻りそうです

昨日はNY時間やはり荒れました
要人発言もタカ派だったりハト派だったりと意見が分かれている状況です
下も上も参加者がムキになってるのかしつこくどちらもレジスタンスを突破させてくれません

そんな中で来週一番の注目が24日で
トランプ大統領が解任したコミー前米連邦捜査局(FBI)長官に証言を要請しているとのニュース

果たしてどうなるのか誰も予想が出来ません
引き続き相場は荒れ模様になると思います

どちらにせよトランプ大統領の不信感が募ってきており
今後政策を進めていく上で障害になってくるのではと見ています

そうなればドル売り、円買いで資金はユーロへ流れてユーロは高騰していく
こういった予想です


ここからはトレードの話

まず持っていたドル円ショートですが、NYクローズ前で一旦全て利食いました
それ以外にも短期でのトレードもしており、こちらはそこそこ取れた感じです

週明け上窓明けはほぼないと言っていいので持っていてもよかったんですが
自分の想像とは全然違う動きをしていたので一旦整理して考え直す方を選びました

ちなみに結構持っていた割にはあまり取れてません
利食いが上手く出来てませんので儲けも少ないです

だって1時間足、4時間足で見てるとすぐ全モされるんだもんww

負けてる人が多い相場だったので、そう考えると自分はマシですね


画像はドル円4時間足

0422.png

今回はフィボナッチを引いてみました
23.6%と38.2%を行ったり来たりしています
MACDプレディクターは上抜けしているもののあげきれず揉みあい
RCIは参考書に載ってるような形で下落を示してますね
長期中期が底でへばりつき短期線のみが天井へ行ってます

やはりもう一段の下げが来るのではと見てよさそうです
直近の高値あたりでショートをとりあえず取ってみようという考え

もし110円が割れれば多分一気に下落します
そのころにはユーロドルも一旦の節目である1.13行きそうです


引き続き荒れるとは思うので突っ込み売り突っ込み買いは死が待ってます
突っ込みトレードをするのであれば110円とかの節目が割れる時でしょう
ボラが高いので普段よりも枚数を抑え損切り幅を広く持つことをおすすめします


保有ポジションはなし
方針はドル円ショート

ユーロドルは戻り待ちで多少の戻しぐらいでは取りたくないので多分しばらく様子見
プロフィール

Author:naipuri
FXトレーダー
平日は週3回更新してます

ブロとも、リンク歓迎です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム
FXに関係のあることでしたら何でもご相談下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR