小動き

週明けは窓明けしましたが、それほど大きな窓ではないですね

ユーロが下げています
選挙後のセルザファクトが起きてる状況です

日経平均は高値を更新中で底堅いですが、為替は付いてきてません
輸出の売りが出ており、尚かつ米長期金利が下げた為にドル円はあげきれない展開

月末要因で利食いも出始めてるのではないでしょうか
要人発言でもタカ派発言が出ているものので動かず


ドラギ総裁の発言は金融緩和は必要とハト派となっていますが
既に下げてる為か、動意なくユーロも小動きの状態です


ユーロドルのチャートを見ててもちょっと手が出にくい形です
どちらに動くのかテクニカルだけで見ると判断がつかず


北朝鮮問題も先ほどから一部の所で声明発表すると出ていますが
まだ何も出てないです


昨日の記事通りヘッドライン相場です
何が出るか分からず、乱高下になると予想してます


トレードは
朝からドル円をロングしています
本当は仲値で利食い予定だったのですが、寝てしまいました笑
先週の高値ぐらいいくとは思うのですが時間が必要ですかね

急落してきたところをドル円とポンド円拾っていきたいです


方針はドル円、ポンド円押し目買い
保有ポジションドル円ロング



為替・FXランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ヘッドライン相場!

土日は再び北朝鮮リスクが増しており

米と北朝鮮お互いに口撃しあってます
戦争やるならやる、やらないならやらないって決めたほうが
トレーダーとしては分かりやすいのでいいんですが
そんな簡単な問題ではないですよね

来週の相場ですが

非常に多くの要人発言があります

重要な所だけで見ても

25日ドラギ総裁
26日イエレンFRB議長
28日カーニー総裁
29日ドラギ総裁、カーニー総裁

そして、選挙明けの週明けに加えて月末要因
北朝鮮リスクとかなり荒れ模様な相場となりそうです

利上げが示唆されている米ドル、ポンドこの辺りが急落した所を
拾う形がベストでしょう

ユーロも急落した所は拾っても大丈夫だと思います
安定している通貨ですので、ボラはなくても勝ちやすい通貨です


まずは週明け選挙後の動き見極めでしょう
ヘッドラインリスクによりテクニカルもなかなか通用しにくい相場にはなるでしょうから
リスク管理が一番大事です


週越えポジションはなし


方針は
ドル円111円前半押し目買い
ポンド円150円前半押し目買い
ユーロ円、ユーロドルは深めに押し目を待ちます

あとはユーロポンドが悩ましい所です
0.88後半はショート取ってもいいのかなとはチャート見てる限りでは思います



為替・FXランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村

再び北朝鮮リスク

昨夜はトランプ大統領の発言で北朝鮮リスクが再浮上しました
挑発しすぎだと思うんですが、どちらも引かない感じですね


北朝鮮も太平洋での水爆実験を行うとのヘッドラインが流れて再びドル売り円買いへ

何も解決しないこの問題
仕方ないのでトレーダーとしてはいつ急落してもいいようにリスク管理をするしかない状況です

一方で米ドル、円が不安定ですので
やっぱり安定するのがユーロとなってしまい、本日ユーロドルはあっさり1.20復帰


週末は北朝鮮リスクと選挙もあるので、ノーポジがベストかもしれません


トレードは昨夜ユーロドル短期でのロング
本日ドル円を112ミドルショートで112前半での利食い
ユーロドルを1.19ミドルロングでこちらはまだ保有中


画像はドル円4時間足

0922.png

とりあえずは昨日から上手いことロングショート取りきれてます
FOMCの内容からロングしたのを上値が重いことから利食い入れてチャートを見ても
上ヒゲが目立つチャートなのと週末プラス昨夜のトランプ大統領の発言から
北朝鮮が何かしらの行動は出ると思っていたのでこちらは予想通りの展開です


一方でユーロドルですが
こちらはきついです
ロングを取るにしてももう少し下でもみ合うかダブルボトムを作ってくれないと
中々テクニカル的に下でのロングが入れません

小額でロングしてる状況ですが1.20で切ればよかったと思ってます
現在は逆指値を建値にして引っかかってもいいやぐらいに見てます


方針変わらず
クロス円はまだまだ下での押し目待ち

保有ポジションユーロドルロング


為替・FXランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村

FOMC結果

FOMCそしてイエレン議長会見は政策金利は据え置き
バランスシート縮小は10月から開始で12月利上げも示唆する強い内容

ただしイエレン議長のドットチャートは下がってました

12月利上げ織り込み度も上昇したことにより市場はドル高へ
ここまで上げ続けていたユーロもこの機会を待っていたのでしょうか
一気に売られました

しばらくは時期的な要因もあるので、米ドルが底堅い展開となりそうです
ただし、ドル円は112円突破しましたが、上値が重い展開

対してユーロもすぐに戻し始めてます

材料出尽くし感があります
少し戻す展開となるのでしょうか、ちょっと怖いですね

日銀は無風なので特に語ることもありません
豪ドルがロウRBA総裁の発言で豪ドルは利上げに否定的な発言が出たことにより
急落してます、ちょっと予想外なほど下げてるので取れないかなー


トレードですが
ユーロポンド0.88前半で残りも利食い
やっぱりユーロが底固いのでこの通貨はダメっぽいです

あとは久しぶりにドル円に手を出し、短期トレードと112円前半でのロングを
イエレン議長会見の時に仕込みました

この感じなら朝方に113円いけるだろうとそのまま寝ましたが、予想以上に上値が重く
結局112ミドルでの利食い


方針ですが
ドル円を押し目買い
出来れば111前半あたりが狙い

ユーロドル押し目買い
1.18前半もしくはミドル狙い

ユーロ円押し目買い
132円前半狙い

ポンド円押し目買い
150円前半狙い

ドル円のみ113円超えてくるなら一旦は戻り売りも視野へ

ポンドも上値が重たいので戻りきそうな感じです


為替・FXランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村

FOMCへ

昨夜はトランプ大統領の発言があったり
税制改革案絡みのヘッドラインが出たりと方向感ない動きとなってます

本日はFOMCの為、ポジション調整主体の動きです


FOMCはバランスシート縮小については市場は既に織り込み済み
12月利上げがあるのかどうかが注目点です

市場がどちらに動くか予想しづらいので見てからがベストでしょう

ドル円は下がっても買いは入ってくるでしょうからレンジか上に動くかかな


豪ドルは再び戻しています
一部では利上げの思惑が出てるとか、信憑性ないですがそんな情報も


トレードは
ユーロポンド追加した分を0.88ミドルで利食い
元から保有しているショートは持ち続けてる状況です

非常に強い結果となったにも関わらずすぐに行って来いとなったのは予想外
利食いも遅れましたし、小額とはいえまたまた含み損へ
0.89超えるなら切ろうかなと思ってます


方針変わらずで保有ポジションもユーロポンドショート

豪ドル米ドルは戻ってきたので再びショートを考えますが
FOMCがあるので、イベント超えてからですね



為替・FXランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村